株式会社 大塚商会

インターネット接続サービス αWeb 会員サイト

文字サイズ
小
中
大

HOME >> IPv6への取り組みについて >> IPv4からIPv6へ

IPv4からIPv6へ

IP(インターネット・プロトコル)とは

インターネットに接続するための約束事

インターネットに接続できる機器は、パソコンだけではなく携帯電話やスマートフォン、複合機や家電製品など多種多様に渡っています。それぞれが互いに通信ができるようにするためには、共通の約束事が必要です。その基盤となる技術が、IP(インターネット・プロトコル)です。

その中でもIPアドレスはインターネット上の住所のようなものを表しており、通信を行う上で非常に重要な位置を占めています。

IPにはバージョンが存在し、これまで主に利用されてきたのはIPv4(インターネット・プロトコル・バージョン4)です。

▲このページの先頭へ

IPv4アドレスが枯渇します

01.png

インターネットに接続するためには接続する機器ごとにIPアドレスが必要ですが、近年の爆発的なインターネットの普及により、IPアドレスの利用数も飛躍的に伸びました。

主に利用されてきたIPv4アドレスは約43億個ありますが、ついに2011年2月3日に世界に配布するIANA管理のIPv4アドレスが枯渇しました。
また、同年4月15日には日本を含むアジア諸国に配布するAPNIC管理のIPv4アドレスが枯渇してしまいました。

すぐにIPv4が使えなくなるわけではありません

現在のところ、αWebを含む各ISP(インターネットサービスプロバイダ)などでは、事前に配布されたIPv4アドレスを所持しお客様に割り当てています。しかしながら今後、新規IPv4アドレスの割り当ては困難になっていくと予測されています。

▲このページの先頭へ

IPv6の利用が始まっています

IPv4アドレスに代わる新たなアドレス体系として、IPv6の利用が始まっています。
IPv6は、IPv4に比べアドレス数が大幅に拡張されており、当面の間枯渇の心配はないと言われています。

02.png
出典:日本ネットワークインフォメーションセンター(https://www.nic.ad.jp/

上の表はJPNICが公開しているIPv6割り当て件数の推移です。2010年頃より、件数が加速度的に増加しています。

現在はIPv4とIPv6が共存している状態です。そのため、IPv4もIPv6も両方接続できる環境が必要となっています。

▲このページの先頭へ

プライバシーマーク