株式会社 大塚商会

インターネット接続サービス αWeb 会員サイト

文字サイズ
小
中
大

HOME >> セキュリティ情報 >> αWebのセキュリティ対策 >> メールセキュリティ対策

メールセキュリティ対策

αWebインターネット接続サービスでは、メールセキュリティ対策のため「メール送信認証」と、「メール送受信経路暗号化」を標準提供しております。

メール送信認証

αWebのメール送信サーバーから迷惑メールやウイルスメールの送信を防ぐために、メールを送信する前に認証を行う「SMTP認証」を必須としております。

SMTP認証

メールを送信する毎に、SMTPサーバーでユーザー認証を行うシステムです。この方式は、SMTP認証できないユーザーはメール送信ができないので、第三者による送信を防止できます。

メール経路暗号化

メール経路暗号化とは、メール送受信の際メールソフトとメールサーバー間の通信経路上に流れるデータを暗号化することにより認証ID・パスワード・メール本文などを盗まれないようにするものです。
ただし、αWebのメールサーバーと相手のメールサーバー間の通信は暗号化されていませんので、重要な情報は別途S/MIME等で暗号化してやりとりを行ってください。

1) メール送信経路暗号化:SMTP over SSL (START/TLS)

電子メールの送信時に、メールソフトとメールサーバー間の通信経路上を流れる「認証ID・パスワード・メール本文・添付ファイル」について全てSSL(Secure Socket Layer)によって暗号化して通信を行うものです。

SMTP over SSL(START/TLS)を利用される場合、メールソフトの設定変更が必要です。
本機能で暗号化されるのは「メールソフト」と「αWebのメールサーバー」の間の通信経路です。
αWebのメールサーバーと相手先のメールサーバー間の経路は暗号化されません。

2)メール受信経路暗号化:POP over SSL

電子メールの受信時に、メールソフトとメールサーバー間の通信経路上を流れる「認証ID・パスワード・メール本文・添付ファイル」について全てSSL(Secure Socket Layer)によって暗号化して通信を行うものです。

POP over SSLともに利用される場合、メールソフトの設定変更が必要です。
本機能で暗号化されるのは「メールソフト」と「αWebのメールサーバー」の間の通信経路です。
αWebのメールサーバーと相手先のメールサーバー間の経路は暗号化されません。

▲このページの先頭へ

プライバシーマーク