株式会社 大塚商会

インターネット接続サービス αWeb 会員サイト

文字サイズ
小
中
大

HOME >> セキュリティ情報 >> セキュリティ基礎知識 >> 暗号化

セキュリティ基礎知識

暗号化

インターネットなどネットワークを介したやりとりで文書や画像などをやり取りする際、第三者から読み取られない形式にデータ変換することを「暗号化」といいます。

ネットワーク上でのデータ交換は、第三者から読み取られたり改ざんされたりする可能性があります。そこで「鍵」を使ってデータを一度暗号化して送信し、再び「鍵」を使って元のデータに復元した上で受信されるSSLと呼ばれる方法が広く普及しています。
これらはユーザー側で暗号化するものではなく、フォーム等のデータが置かれているWebサーバに「鍵」の設定を行います。暗号化通信が可能なフォームのURLは「https://〜」となっており、インターネットエクスプローラであればブラウザの右下に鍵マークが表示されます。
インターネットショッピングや問い合わせフォームなど、個人情報や機密情報のデータをやり取りする際にはURLを見て暗号化されているかどうか判断してから行うようにすることで、データ漏洩の危険性を最小限におさえることができます。

▲このページの先頭へ

セキュリティ情報
セキュリティ基礎知識
αWebのセキュリティ対策

プライバシーマーク