株式会社 大塚商会

インターネット接続サービス αWeb 会員サイト

文字サイズ
小
中
大

HOME >> セキュリティ情報 >> セキュリティ基礎知識 >> なりすまし

セキュリティ基礎知識

なりすまし

他人のIDやパスワードを不正に入手し、その人のふりをしてインターネットで悪意のある活動を行うことを「なりすまし」といいます。

なりすまされると、その人の名前でインターネットで買い物をされたり、機密情報を盗まれたり、さらにはインターネットバンキングで預金が引き落とされていたりという事が起こってしまいます。
「なりすました人」が悪いのは当然のことですが、IDやパスワードの管理がずさんであった場合、なりすまされた本人がその損害をすべて負うことになることも少なくありません。

なりすましを防ぐためには一にも二にも本人の管理が大切です。

  • 他人に見られるような場所に記録しておかない
  • 誕生日等すぐに判断できるパスワードを設定しない
  • ネットカフェなど共有のパソコンでは決してIDやパスワードを入力しない
  • パスワードは定期的に変更する
  • IDやパスワードを送信する際には暗号化されていることを確認する

「すぐ忘れてしまう」「面倒だ」など思ってしまいがちですが、大事な情報ですのでおろそかにしないようにしましょう。

▲このページの先頭へ

セキュリティ情報
セキュリティ基礎知識
αWebのセキュリティ対策

プライバシーマーク