株式会社 大塚商会

インターネット接続サービス αWeb 会員サイト

文字サイズ
小
中
大

HOME >> セキュリティ情報 >> セキュリティ基礎知識 >> スパイウェア

セキュリティ基礎知識

スパイウェア

コンピュータを使用するユーザーの操作内容やID・パスワード等の個人情報を収集し、インターネット経由で送信するソフトウェアを「スパイウェア」といいます。

スパイウェアの主なインストール経路は、

  • 他のソフトウェアをインストールする際にセットでインストールされる
  • ウェブサイトの閲覧に必要なソフトであるかのように自動でインストールされる

他のソフトウェアをインストールする際、実はソフトウェアの利用条件の中に「こういったソフトウェアをインストールしますよ」といった内容が記載されていることが多々あります。しかしくまなく読んでいるユーザーがほとんどいないため、インストールされている事にも気づきません。
そして送信された情報はマーケティング会社などでデータとして活用されてしまうのです。

利用条件に同意しているとはいえ、事実上は無断に近いやり方で個人情報を収集しているとして、プライバシー保護の消費者団体を中心に反スパイウェア活動が行われています。
インターネット上には数多くのフリーツールがありますが、信頼できないソフトウェアは極力インストールしないことが大切です。
また、スパイウェアを除去するソフトウェアを導入する方法も有効です。

▲このページの先頭へ

セキュリティ情報
セキュリティ基礎知識
αWebのセキュリティ対策

プライバシーマーク