株式会社 大塚商会

インターネット接続サービス αWeb 会員サイト

文字サイズ
小
中
大

HOME >> サービス内容・設定 >> 基本サービス(メール機能・Web機能) >> 設定方法:メール機能

設定方法:メール機能

【Windows】 Microsoft Outlook 2016
SMTP認証 初期設定

※ご利用の端末によって、表示される画面や項目名が異なる場合があります。

登録完了のお知らせ」を、お手元にご用意ください。「登録完了のお知らせ」は、お客様マイページからもご確認いただけます。

1.

Outlook 2016を起動します。

初期設定1

2.

初めてOutlook 2016を起動した場合、スタートアップ画面が表示されます。
「次へ」をクリックします。

初期設定2

スタートアップ画面が表示されない場合は、以下を行い手順4へ進みます。
1.「ファイル」をクリックし、「情報」をクリックします。
2.「アカウント設定」ボタン→「アカウント設定」→「新規」をクリックします。

3.

「はい」を選択し、「次へ」をクリックします。

初期設定3

4.

「自分で電子メールやその他の…」を選択し、「次へ」をクリックします。

初期設定4

5.

「POP または IMAP」を選択し、「次へ」をクリックします。

初期設定5

6.

必要事項を入力し、「詳細設定」をクリックします。

名前 自分の名前を入力します。
送信したメールの「送信者」欄に表示されます。
電子メールアドレス メールアドレスを、半角文字で入力します。
アカウントの種類 「POP3」を選択します。
受信メールサーバー
送信メールサーバー(SMTP)
「auth.alpha-web.ne.jp」と、半角文字で入力します。
アカウント名 メールアドレスを、半角文字で入力します。
パスワード メールパスワードを、半角文字で入力します。
パスワードを保存する 保存する場合はチェックします。
[次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする チェックしません。

初期設定6

7.

「送信サーバー」タブをクリックし、必要事項を入力します。

送信サーバー(SMTP)は認証が必要 チェックします。
受信メールサーバーと同じ設定を使用する 選択します。

初期設定7

8.

「詳細設定」タブをクリックして必要事項を入力し、「OK」をクリックします。

このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要 チェックします。
チェックすると、受信サーバーのポート番号が自動的に「995」になります。
送信サーバー(SMTP) 「587」と半角文字で入力します。
使用する暗号化接続の種類 「TLS」を選択します。
サーバーにメッセージのコピーを置く チェックしません(推奨)。

初期設定8

9.

「次へ」をクリックします。

初期設定9

10.

「完了」をクリックします。

初期設定10

以上でOutlook 2016の設定は完了です。

■ご注意
Outlook 2016では、標準で「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定になっています。メールサーバーの容量を超えてしまった場合、新しいメールを受信することができなくなりますので、メールをサーバーに残さない設定にされることをお勧めいたします。
設定方法については、手順8をご覧ください。

設定の確認はこちらへ。

▲このページの先頭へ

プライバシーマーク