目次 前ページ 次ページ


よくあるお問い合わせ

仕様に関しての、よくあるお問い合わせをご紹介します。たよれーるコンタクトセンターへお問い合わせいただく前に、ぜひご確認ください。

メール送受信について
Q. メールパスワードがわかりません。
A. 別紙の各サービス章の「「登録完了のお知らせ」の見方」または別紙「はじめに」の章の「契約内容の確認と変更に ついて(契約マイページ)」をご確認ください。
Q. メールを受信できません。
A. 設定に誤りがないかご確認ください。メールソフトの設定例については、別紙「メール設定」の章をご覧ください。 メールサーバーの仕様については、「主な仕様」をご覧ください。
A. メールサーバーの蓄積容量をご確認ください。
メールサーバーの最大容量である500MBに達した場合、新しいメールを受信することができなくなります。環境設 定メニューにて、メール蓄積容量をご確認いただき、必要に応じて蓄積メールを削除してください。詳しくは、別 紙「環境設定」の章をご覧ください。
A. メール1通の容量が、20MBを超えている可能性があります。
・ 20MB以上のメールは受信できず、送信元へエラーメールとして返送されます。
・ メールにファイルを添付した場合、容量が増加します。受信できる添付ファイルの最大容量は、添付前の容量で 約12MBです。
Q. メールを送信できません。
A. αWebでは、迷惑メール送信対策としてSMTP認証を採用しております。これにより、送信権限を持たない第三者か らの不正なメール送信を防止しております。メールソフトの設定例については、別紙「メール設定」の章 をご覧く ださい。メールサーバーの仕様については、「主な仕様」をご覧ください。

※ SMTP認証を利用するには、メールソフトが対応している必要があります。

A. メール1通の容量が、20MBを超えている可能性があります。
・ 20MB以上のメールは送信できず、エラーメールが返送されます。
・ メールにファイルを添付した場合、容量が増加します。送信できる添付ファイルの最大容量は、添付前の容量で 約12MBです。
A. 送信先のメールサーバーが送信ドメイン認証を行っている可能性があります。αWeb以外で発行されたメールアド レスを使用し、αWebの送信サーバーをご利用になった場合、送信先のメールサーバーの設定により受信されない ことがあります。

※ 送信ドメイン認証は、迷惑メール対策の一つです。

Q. メールを送受信できません。
A. 以下の項目についてご確認ください。
・ 設定に誤りがないかご確認ください。メールソフトの設定例については、別紙「メール設定」の章 をご覧くださ い。メールサーバーの仕様については、「主な仕様」をご覧ください。
・ お客様の環境(ファイアウォールなど)で通信制限が行われていないか、ネットワーク管理者様へご確認くださ い。
・ パソコンにインストールされているセキュリティソフトが影響している可能性があります。設定を変更するか、 機能を停止して送受信できるかをご確認ください。設定については、セキュリティソフトなどの販売元にお問い 合わせください。
・ IPv6対応のメールサーバー情報が入っている場合、お客様の環境によっては不具合が出る可能性があります。 SMTP欄/POP欄のサーバー名を「auth.alpha-web.ne.jp」に戻した後に送受信を試してください。メールソフト の設定例については、別紙「メール設定」の章をご覧ください。
Q. メールサーバーに蓄積されていた過去のメールが受信できません。
A. 受信したメールは未読既読を問わず、メールサーバーに届いてから90日後に削除されます。
Q. メールが転送されません。
A. 転送先として設定したメールアドレスをご確認ください。詳しくは、別紙「環境設定」の章をご覧ください。
A. 転送先のメールサーバーで、メールを受信できるように設定されていることをご確認ください。
A. 転送先で送信ドメイン認証を行っている場合は、転送時に認証が失敗している可能性があります。転送先メール サーバーの設定をご確認ください。

※ 送信ドメイン認証は、迷惑メール対策の一つです。

Q. 添付ファイルを開けません。
A. メールソフトにより、ウイルスに感染している恐れのあるファイルを自動削除する機能を持っている場合がありま す。メールソフトの設定を変更することにより添付ファイルを開くことができる可能性があります。設定方法につ いては、ご利用のメールソフトのヘルプをご覧ください。
Q. メールの受信が途中で止まってしまいます。
A. 主に以下のような原因が考えられます。
・ 容量の大きなメールを受信している場合
・ インターネット接続が不安定な状態の場合
・ メールデータが破損している場合
・ セキュリティソフトが影響している場合
セキュリティソフトを無効にしても受信できない場合は、サーバーに蓄積されているメールを削除することにより 改善する可能性があります。削除方法については、別紙「環境設定」の章をご覧ください。
Q. IPv6に対応したメールサーバーはありますか?
A. αWebではIPv6対応のメールサーバーを標準でご用意しています。
SMTP欄/POP欄のサーバー名を「auth.alpha-web.ne.jp」から「v6auth.alpha-web.ne.jp」へと変更いただく事でご利 用いただけます。

※ お客様がご利用の環境が、IPv6での送受信に対応している必要があります。

ウイルスチェックについて
Q. ウイルスチェックサービスを利用するためには、オプション契約が必要ですか?
A. オプションのご契約は必要ありません。
Q. どのメーカーのウイルスチェックエンジンを使用していますか?
A. クラウドマーク社のウイルスチェックエンジンを採用しています。ウイルスメールを検出した場合、ウイルスに 感染している添付ファイルは削除され、件名の先頭に「[VIRUS]」(半角) が挿入されます。
Q. 分割されたメールや暗号化されたメールに対してもウイルスチェックを行いますか?
A. 分割されたメールや暗号化されたメールに対しては、ウイルスチェックを行うことができません。お客様にてウイ ルスチェックをされるようお願いいたします。
Q. 「お客様宛のメールにウイルスがみつかりました」というメールが届きました。
A. ウイルスに感染したメールがお客様のメールアドレス宛に送信されました。ウイルスに感染した添付ファイルは削 除されていますのでご安心ください。
・ ウイルス発生直後に感染したメールが届いた場合、ウイルスを検出することができない場合があります。
・ ウイルス感染メールの多くは、差出人が詐称されています。そのため、ウイルス感染メールの差出人がウイルス に感染しているとは限りません。
Q. 「お客様が送信したメールにウイルスがみつかりました」というメールが届きました。
A. お客様が送信したメールが、ウイルスに感染してしまっていたと考えられます。感染の拡大を防ぐため、αWebで はウイルス感染メールの送信を許可しません。ウイルス対策ソフトなどでウイルスを駆除したのち、メールを送信 し直してください。
Q. αWebに加入していれば、ウイルス対策ソフトは不要ですか?
A. αWebでウイルスチェックを行う対象は、αWebのメールサーバーを経由したメールのみです。ほかのメールサー バーやブラウザ、外部メモリなどから侵入するウイルスに対しては駆除ができません。また、既に感染しているパ ソコンのウイルスも駆除はできません。お使いのパソコンにウイルス対策ソフトを導入されることを強くお勧めし ます。

目次 前ページ 次ページ